BUN++過去日記++BUN

BUN's HP 先頭頁  この頁の後尾
BunBunの酔いどれ日記
2009年11月中旬の日記

2009年11月20日(金)
F8デザイン・フェ..
2009年11月19日(木)
F8デザイン・フェ..
2009年11月18日(水)
F8デザイン・フェ..
2009年11月16日(月)
高尾山
2009年11月12日(木)
打ち合わせ
2009年11月11日(水)
高尾山は中止
F8デザイン・フェスティバル3
 早めに目が冷めたので、歯を磨いて高尾山の写真の編集をしていた。電話が鳴り、( ゜o゜)ハッとした。時間を見ると十二時半を過ぎている。
 
 Σ(_□_;)ii サカサガビーン!!
 
 なんてぇ事だ。今日はVRコンテストなので、最初から見ないと評価をつけられないから、十一時半には家を出ようと思っていたのにぃ〜。メチャ遅れちゃうよ。
 取りあえず、あわてて用意をして家を出てきたが、もう遅いかも……。
 
 そうそう、出る前に高尾山の写真をアップしておいたので、良かったら見てケロ。


 三つだけ見た。前に見た大橋ジャンクションのが最後だった。結果発表で賞を取ったプログラムのVRを流すのだが、どうも一回発表した物をバージョンアップして発表し直しているみたいだった。はっきり言ってつまらんと思ったよ。


 そのまま帰ってきた。あっ、南浦和で降りて焼き問屋で呑んできたか。忘れていたよ。
 終わってから駄目もとで、SBさんに電話を入れてみたら忙しいので駄目だとの事なので、新宿まで行って1人で呑もうかと電車に乗り込んだのだが、たまたま座れちゃったのでそのまま帰ってきたと言うわけ。
2009年11月20日(金)  No.968

F8デザイン・フェスティバル2
 今日も行かなくてはならないのだが、目が冷めても肩が痛くて動く気になれん。肩だけではなくて、右膝の裏側の腱もいたくて、歩くのが大変なんだ。
 取りあえず、HDDの様子を見て大丈夫になったら出かけることにした。
 昨日、帰ってきたときに、HDDをマザーボードのSATAにつないでみたら、認識したので新しいHDDの方にデータをコピーしておいた。
「さて、こっちにつないだらどうなんだろ?」
 引っこ抜いてセンチュリーの楽ラックに入れて繋げてみたが、やっぱり駄目だった。ヽ(~〜~ )ノ ハテ?
 今度は、楽ラックからではなくて、インターフェースボードから直接繋げてみたがやっぱり駄目だ。新しい方のHDDも認識しない。ここで、ドライバーを上書きしてみたら認識した。
 楽ラックにSATAのケーブルを戻し、パソコンを再起動してみたら今度は繋がったよ。二台のHDDとも試してみたが大丈夫みたいだ。
 前々から変だなと思っていたけど、この玄人思考のSATA2RI2-PCIeはドライバーがおかしくなってしまう傾向にあるみたいだ。もちろんデバイスマネージャーではエラーは出ていないし、正常に作動していると書いてある。
 最初に繋げたときも、ドライバーを入れ直して認識したんだよね。家のパソコンと相性が悪いのかも知れないなぁ〜。


 昼頃に作業が終わったので、出かけることにした。でも、肩が痛いので服を着たりするのに時間がかかってしまい、家を出たのが十二時を過ぎていた。まぁ〜行かないよりは良いかな。と思う。


 第二部からの出席だったが、「インターラクティブなデバイスとVRの連動システム構築」は面白かったな。ながはら先生の話は、最近はセンサーなども簡単に手にはいるし、VRと繋げるのもjavaソケットでできるというもので、結構活用性があると思った。楽しいアイテムになると思う。Terzidi先生のはパターンを数学で解いてその中から良い物を選ぶという物だった。これも、狭い範囲の中に限られた物を置くためのベストを作り出すのは大変なので、ソフトが簡単にできるようになれば、凄く便利になると思う。


「イタリアピサの再計画のVR化」は一番楽しみにしていたのだが、つまらなかった。単純に街の再計画だつったから。
「でじタルデザインとVRの活用」で、Nobak先生のは面白い視点だった。アート的なデザインをVRでやっちゃうと言う物だった。やろうと思えば何でもできると言うことだね。
「VRモデリングのデータ交換ツール開発」は他の3Dソフトとのやりとりのツールなのだが、これがあるかないかだいぶ違うと思う。うん、あった方がいいでしょう。


 終わった。秋葉によりモニタを買っちゃった。高い奴ね。二十万もしたよ。(´ヘ`;)ハァ。
 今年は、遊びで金を使ったから仕事しなくては。。。
2009年11月19日(木)  No.967

F8デザイン・フェスティバル
 F8デザイン・フェスティバルに行くために起きたのだが、シャワーを浴びに行くときにパソコンの音がやけにうるさいことに気が付いた。先にシャワーを浴びて、受講票を印刷しようとパソコンに行くとエラーが出ていた。新しく買ったHDDが吹っ飛んでいたよ。
 
 Σ(_□_;)ii サカサガビーン!!
 
 この間買ったばかりなのに、てっ言うか、せっかくバックアップしたデータが全部駄目になっちまったかも?(ノヘ;)シクシク..。
 そんなんで、出るのが遅くなってしまった。完全に遅刻だ。一番聞きたかったプログラムを逃してしまったよ。(´ヘ`;)ハァ。


 前川先生の「劣化したRC構造の非線形解析と知識構造化の方法」を楽しみにしていたが、最後の二十分ぐらいしか聞けなかった。まぁ〜聞いてもよく分からないからどうでも言いと言えばどうでも良いけどね。
 
 (*^ ^*)ノ……デヘ。
 
 コンクリートも粒子の集まりなので、解析プログラムをちょこっと変えれば解析できるようになると言っていたな。ほんで、土も構造物も一遍に解析しちゃうと言うことらしい。
 質問事項で、化け学も勉強しなくてはならないのかというのがあった。その答えは、やっぱり専門家に頼んでやって貰うので、話ができるぐらいまでの予備知識は勉強した方がいいと言っていた。


 第二部は、エンジニア スタジオの開発の説明やその課題等だった。エンジニア スタジオのFEMとFRAMEの合体がちゃんとできたら相当強力なツールとなるだろう。そうなったら買うかも知れないなぁ〜。金をためておかないと。


 第三部は地盤解析の話だった。「現状と今後の課題」「ユーザー事例・設計概要と課題」の二つは面白かったな。とくに、「ユーザー事例・設計概要と課題」は実際に業務の話でその中でも簡単な物の説明だったので、解りやすくて良かった。また、説明もなれているようで聞いててあきなかった。


 秋葉により、朝に壊れたHDDを交換できるかどうか聞きに言った。一ヶ月以内なら大丈夫らしい。データは店舗・サポートセンターでは消すことはないらしい。メーカーに直接送っちゃうとのことだった。
 取りあえず、帰ってからHDDをマザーボードのノシリアルATAにつないでみて動作するかどうか試してからだな。


 ぼん屋に鍵を返してから、ひさごで呑んで帰った。
2009年11月18日(水)  No.966

高尾山
 下の掃除機の音で目が冷めた。
「え(゜○゜)!、もうそんな時間なんかヽ(~〜~ )ノ ハテ?」
 
 Σ(_□_;)ii サカサガビーン!!
 
 思いっきり寝坊したよ。
 一時間ぐらい余裕見て検索してみると、十一時十分の電車に乗れば十二時半から登れると出張ってきたが、その十一時十分の電車にも乗り遅れてしまった。(´ヘ`;)ハァ。
 そんなんで、西国分寺−高尾−高尾山口という一番値段の高い路線になってしまった。これが電車に乗っている時間が一番短いんだ。でも、高い。


 登って写真を撮ってきた。登りは写真を撮りながらなので、一時間半のコースを一時間五十分ぐらい掛かった。
 途中展望台があるのだが、そこで休憩と用を足し歩き始めてから向かってきた人に聞いたら、山頂から来たと言い、まだ結構あるという。
「しょうがねぇ〜。ピッチあげるか」
 ここまで、休憩を入れて一時間二十分もかかっているので、ちょっとのんびりしすぎていた。でも、写真をちょこちょこ撮っていると、時間を忘れて遅くなってしまうんだよ。こまったもんだ。
 少し早めに歩き始めたら、すぐに汗が出てきたので、服を脱いだ。それも半袖になった。しばらく歩いたら案内板があり、目の前には階段がある。階段を上り始めようとしたら、韓国人の学生かな?に一番時間が短いコースを教えてくれと言われ、案内板の所に戻りこっちかσ(・・。) コッチ。と指さして教えた。そうしたら、韓国語でなにやら話しあってている。こっちのことは忘れてしまったみたいなので、「もう良いかな?」と言ってその場を離れた。
 それに気が付いた人が二人いて「ありがとうございます」とお礼を言ってくれたので、まあ、気分はそんなに悪くはならなかった。
 一気に頂上まで登り休憩。
 先ほどの展望台から三十分で着いた。写真を撮らずに一気に登ってきたら、一時間もあれば着くだろう。だが、こんなぺちゃくちゃうるさい山にはもう来ないよ。
 水飲んで、お菓子食べて、煙草 (ーoー)y〜〜〜 パァ〜吸って、寒くなったので服を着て、と十五分ぐらい休んだかな?
「一応、頂上の写真撮っておくか」
 写真を何枚か撮って、また同じ場所に戻り湯を沸かしてパンを食べた。コーンスープを持ってきたと思っていたけど、忘れてきたみたいだったので、お湯をすすった。(ToT)
 お腹もいっぱいになり、これから少し廻って写真を撮ろうと歩き始めた。と、三脚を立てて何かを取ろうとしている方がいた。その写真機の後ろに立ってみたが別段何が見えるという風ではなかったが、位置としては周りの木の切れ目なので、この場所ではベストポジションだと思った。
 少し話をしたら、富士山が見えるとのことだった。その方のイメージは、富士山のバックに真っ赤な夕焼けを想像していたみたいだが、あいにく雲がかかっていて、富士山の頂上は顔を出さなかった。
 私は、その方達が日没が終了して少し立ってから、下山していった後からその場に陣取ってみたが、やっぱり駄目だった。そのかわりと言ったら変だけど、色々試してみてフラッシュの使い方が少し解ってきた。
「さて、下山するか。ヘッドランプが必要だな」
 今回はちゃんと点いたので、良かったよ。白根山の時は壊れちゃって往生したからなぁ〜。


 高尾山の感想。つまらん山だな。ハイキング程度の山なので、ぺちゃくちゃしゃべっている声が耳について、うるさく感じたよ。ついでに、坂がなだらかなので練習にもならないしね。MASAさんが「高尾山じゃ練習にもならないぞ」と言っていたけど、その通りだったよ。それに、期待していた紅葉も大したことないし、眺望もよくないので駄目な山と私は判定した。
 まぁ〜、二千メーター以上の山と比べるのは無理があるか。
 
 (⌒▽⌒)アハハ!


 ひさごにより呑んでから、ぼんやに行き呑んだ。そこで沈没。
2009年11月16日(月)  No.965

打ち合わせ
 前に、HRさんから連絡があって、今日の打ち合わせとなった。行ってみると全然何もできない状態だった。行き損だったよ。往復するだけで千円もかかるのに……( ̄ ̄ ̄ ̄□ ̄ ̄ ̄ ̄)チッ。


 写真を焼いてみた。以外とちゃんと写っていたので、一安心。でも、自分の写真を見てトウシロウの写真だなと思った。('-'*)フフ。


 SBさん、TAさん、と大越で呑んだ。楽しかったな。その後、ぼんやに行き沈没。
2009年11月12日(木)  No.964

高尾山は中止
 やっぱり雨はやまなかった。結構な量で振っていたので、高尾山行きは中止とした。
2009年11月11日(水)  No.963

No. PASS
 OR AND
スペースで区切って複数指定可能
++HOME++  BUN's HP 先頭頁  この頁の先頭
 
[日記一覧]
shiromuku(fs1)DIARY version 4.00