BUN++過去日記++BUN

BUN's HP 先頭頁  この頁の後尾
BunBunの酔いどれ日記
2009年6月下旬の日記

2009年6月29日(月)
今日もないよ
2009年6月28日(日)
温泉
2009年6月27日(土)
メチャ(;´д`)ゞ ..
2009年6月23日(火)
仕事が止まった
2009年6月22日(月)
早起きすぎた
今日もないよ
 今日も仕事がない。止まったままだ。しょうがないので旅日記の原稿作りをする。
 と、思っていたらちょっと変更と言うことで、少し仕事をした。でも、これって金出るのかね。
 
 ヽ(~〜~ )ノ ハテ?
2009年6月29日(月)  No.876

温泉
(=´Д`=)ゞ イヤァー、楽しかったなぁ〜。
 
 ○○○○川口を十時出発と言うことで、3人集まった。
 こけから、レンタカーを借りて皆で那須湯本へゴーですよ。


 高速に入ると、以外と混んでいた。まぁ〜高速料金が安いので、みなさん出かけるのでしょうね。家でねてろよってかんじ。←御前もなとTAさんにつっこまれたヽ(´▽`)/へへっ。
 サービスエリアで昼食を取った。餃子祭りでみんみんだった。テレビで美味しいと言っていたが、テレビで放映するほどのことでもないと思った。でも、安いので二皿食べちゃったけどね。


 裏道を通って、大丸温泉に着いた。
 入浴料 千円(タオル着き)、泉質は単純泉。ちと高いが、来る前から知っていたし車でないとこれないので入った。
 家風呂は洗い場のあるお風呂。露天風呂は川からお湯が流れてくる。ついでに混浴だった。眼鏡を外しているので、最初はお釜ちゃんがいるんだなと思っていたよ。ちょっと距離があったので、バスタオルを巻いてなかったら男か女か区別が付かなかっただろうな。
 ロビーで椅子に座ってマッタリできるのが良かったな。風が気持ちよかったよ。また、露天風呂には紅葉が青々と茂っていたので、秋に来たら風情があがるだろう。
 展望台で「何も見えないな」と言った後に鹿の湯に向かう。
 私がまだ行ったことのない、裏側だった。こっちにも道があるとは思わなかったっす。
 SBさんのおばあちゃんが湯治できていたときに、ただで入れる場所があったというので行ってみたが、宿泊客のみでその他の人は入れなかった。残念……。
 鹿の湯で、(;´ρ`) グッタリ。風呂に入りすぎてヘロヘロになった。いつものごとく良い湯だったっす。 人気があるので、メチャ込みだったよ。いつもは日曜日に来ても夕方なので、もっと人が少ないだけど、今日は早く着いたせいか人の量が1.5倍ほど多いみたいだった。


 帰りに渋滞に巻き込まれ、○○○○川口まで戻れなくなった。小山で車を乗り捨て電車でビールを飲みながら換えってきたっす。
 自宅について、タオルを水に浸してから、すぐに寝ちゃったよ。


 マジ? (゜┏Д┓゜ ;)楽しかった。
 分野別のオタクな人間か3人集まっているので、いろんな話がでてきて話してても楽しいんだよね。
 
 この模様は、メチャ長文なので、旅日記にするつもり。
2009年6月28日(日)  No.875

メチャ(;´д`)ゞ アチィー!!
 (~Q~;) あっち〜よ。
 
 ついに、室温35度……(^。^;)フウ。
 
 今年一番の暑さだ。
 まだ梅雨だよね。雨は何処に行った。ヽ(~〜~ )ノ ハテ? 異常気象なんだろうな。


 明日は、那須湯元温泉に行って来るダニ。
2009年6月27日(土)  No.880

仕事が止まった
 また仕事が止まっちゃったよ。この待ち時間が無駄だな。そろそろ今の仕事も潮時かもね。


 久々の更新です。ヽ(´▽`)/へへっ。(^^;。
 仕事が忙しくてね。(^^ゞポリポリ。仕事だけではなくてその仕事に使っているバカCADをよい子にするために色々調べなくてはならないので、余計に時間が掛るっす。
 
 (´ヘ`;)ハァ。疲れる……。


 昨日、遅れた原因が分かった。
 検索した画面に経路一覧がでたので、その一覧の時刻のみを見たのが間違いだった。今日の朝に「あっているじゃん」と言いながら、おもむろにクリクリと下の方に画面をスクロールした。
 
 Σ(_□_;)ii サカサガビーン!!
 
 十六分発の電車は、地下鉄だった。てっきり国鉄だとばかり思っていたっす。
 
 \(__ ) ハンセィ。


 今日は暑い。室温三十四度。暑すぎね?
 
 ( ̄TT ̄)鼻血ぶーだよ。
2009年6月23日(火)  No.874

早起きすぎた
 昨日、十時頃に寝た。目が覚めたのが朝の三時半だった。
 もうちょっと寝ていようかと思ったが、シッコが漏れそうでトイレに行って一服したら、目がすっかり覚めちゃったよ。
 でも、ちょっとまだ眠いかな。
 しょうがないので、パソコンの前に座りこの間呑んだときに、TAさんにアクティブベーシックのURLを送るよと言っておいたので、そのメールを書き始めた。途中に、いろんな記事を読んだりしていたら、アッという間に八時半になってしまった。
 そろそろ仕事のメールが来るなと思いながら一服。
 案の定きたっす。土曜日の夕方に出した質問の返答が。ホンで仕事開始〜〜。
 間違いをなおして、夕方に当たり図面を送った。


 仕事が停まってしまったので、SBさんに電話した。
「お疲れさま」
「お疲れさまです」
「声が疲れているね」
「むしむしするから、○○○○でビールでもどうですか?忙しかったら止めるけど?」
「今頃」
「まだ三時」時計を見たが壊れて止まっている時計だった。「もう5時半か?」
「今何処?」
「自宅です」
「何時頃になる?」
「十九時頃ならなんとか」
「十九時にいつものところで、東京より(^_-)ネッ」
「/(・。・) 了解!」
 戸締まりをしたり、片づけ(PCのデータ)をしたりして出るのが遅くなった。調べてみると十分に○○○○に着きそうなので、そのメールを打ってから速攻で出てきた。金がないので銀行により金を下ろして、予定どうりに駅に着いた。でも、電車が来ない。時刻表を見ると二十二分になっている?
「おかしいなぁ〜?見間違えたのかな?十六分と書いてあったと思うんだけど」
 すぐ電車が来ちゃうので、電話をかけに行くこともできないし/(-_-)ヽコマッタァ。でもしゃー無いよね。携帯持ってないし電車が遅れたんだもん。
 

 案の定遅れてしまったです。
「σ(▼▼;)おれ、遅れているよね?」
「うん」
「ごめん。なんで遅れたのかなぁ〜。電車が来なかったんだよね。検索したサイトが良くなかったのか?それとも時計を持っていないから着いた時間解らなかったからか?」
「それだ!!」
「やっぱりそうか?間に合ったと思ったけど間に合っていなかったのか」

 m(_ _)mゴメンないさい。

「時計もってないんすか?」
「もう何ヶ月も持っていない」
「安いの買えばいいじゃん」
「そうなんだけど」


 お店に入って、携帯持ったらどうだと言うことになった。少しは検討してみるか。と思うこのごろ。
「そうだよ。遅れるのが解れば、神田の大越に変更する事もできたじゃん」
「そうか、そうだね。検討してみるか」
「いま安いよ。月々千円ぐらいであるんじゃないかな?」
「そうなんだ」
 で、3人で乾杯して、ワイワイ話した。途中寒くなってきて、寒いと言ったらSBさんは「おれ、普通」TAさんは「風が当たるからかな。ここのエアコンだけ弱くしてもらうか」と頼んでくれた。
 でもめちゃくちゃ寒いっす。下着が汗で濡れているせいかどんどん体温が下がっていく。ついでに最近良くない電磁波過敏症も重なって震え方が尋常じゃない。
 まぁ〜呑んでいる内に、暖かくなるだろうと思ったが、それまでのビールがつらいっす。でも、バーボンを飲み始めたら忘れてしまった。てっ言うか、体が温まってきたのだろう。


 楽しいひとときは、アッという間に終わった。


「たばこが吸いたい」
「この辺は全面禁煙だよ。だからすえないよ」
「エー、そうなの?」
 
 アヤシイ!!!( ノ──__──)ゝジトッー!! 
 
「ほらっ。」
 と禁煙マークの看板をSBさんが指さした。
「ほんとだ。でも、吸いたくてたまらん。駅からはずれて吸うからみんな先に帰って良いよ」
「いや、ダメ!! ゛o(≧◇≦*)oo(*≧◇≦)o″ダメ!!」
 二人に、留められた。二人とも酒を飲んだ私がだらしないので、心配してくれているのです。(^人^)感謝♪でも、ダチョウクラブのようだった。
 
 ('-'*)フフ。
 
 ここでTAさんが、助け船を出してくれた。
「俺も吸うから、何処かないんすか?」
「しょうがねぇなぁー、-"-)/~~ ココジャァ」
「なんだよ。あるんじゃんかよ」
 で、TAさんもほとに吸っちゃったよ。悪いことをしちゃったと思った。こんなもん体に良いことは一つもないからなぁ〜。ごめんね。そして有りがd。


 電車に乗って帰ってきました。TAさんが上野で降りちゃったが、座れるほど空いていなかったのが良かったよ。すぐに座れたらぐーすか寝てしまっていただろう。座れたのが西川口だった。大丈夫かと思いながら座ったけど大丈夫だった。('-'*)フフ。
 南浦和で小腹が減ったので、そばを食べて帰ってきたっす。
 
 楽しかったなぁ〜。
 
 ~(=^‥^)ノ☆ おやすみニャ。
2009年6月22日(月)  No.873

No. PASS
 OR AND
スペースで区切って複数指定可能
++HOME++  BUN's HP 先頭頁  この頁の先頭
 
[日記一覧]
shiromuku(fs1)DIARY version 4.00