BUN++過去日記++BUN

BUN's HP 先頭頁  この頁の後尾
BunBunの酔いどれ日記
2009年3月下旬の日記

2009年3月29日(日)
予定変更
2009年3月28日(土)
おわった
2009年3月27日(金)
やっと次の仕事
2009年3月26日(木)
出せなかった
2009年3月25日(水)
終わらん
2009年3月24日(火)
たまっていた
2009年3月23日(月)
取手までまた行く
2009年3月22日(日)
予定変更
2009年3月21日(土)
やっぱり呑むんじゃ..
予定変更
 スキーに行くつもりで昨日用意したが、全く起きられなかった。
 目覚ましを止めてそのままぐーすか寝てしまったようだ。目が覚めたら十時を過ぎていたよ。
 
 ヾ(`◇´)ノ彡☆コノ!バカチンガァ!!


 温泉でも行くかと、自宅を出張ってきました。
 でも、時間があるからと重量表をバカキャドに張り付ける行程を模索していたら一本目は無理な時間になってしまい、二本目もこれまた無理そうになってしまった。
「無理かもしれないけど、取りあえず行ってみるか。十八切符を使わないと無駄になってしまうしな」
 ヒーヒー言って駐輪場まで行き、小走りで駅まで行ったが、予定の時間の電車には間に合わなかったよ。
「どうしようか?取りあえず浦和で乗り換えてみよう。駄目だったら、秋葉原にでも行くか」
 浦和で宇都宮行きに乗り換えた。もしかしたらこの電車で大丈夫かもしれない。それは着いてからのお楽しみだね。もうすぐ宇都宮だけど、次の十五時二十二分発の黒磯行きに乗り換えられれば大丈夫だ。


 乗り換えられたよ。
 
 ラッキー\(^^\)(/^^)/チャチャチャ。
 
 これで無事に、那須温泉の鹿の湯につける。


 黒磯駅に着き、一服してからバスの切符を買った。時間を見ると十六時二十分発だ。
「二十分?時計は何処だ?」
 見渡すと切符売り場の建物の上に据え付けてある。
「もう二十分だ。直ぐ来るな。=( ・_・;)⇒ アレ?もっと待ち時間があるはずなのに……」
 予定表を見ると、四十分になっている。どうもバスの時間がかわったみたいだ。二・三分待っていたらバスがちゃんと来たよ。これは帰りのバスの時間を確認しておかないといけないぞ。帰れなくなったら大変だもんね。


 帰りの時間は予定表と一緒だった。


 相変わらず、

 【〜〜〜(´▽`A)〜〜〜】 いい湯だった〜♪
 
 (〃´o`)=3 フゥ。
 
 混んでいたので、今一ゆっくりできなかったけど、一時間以上は入っていたから、まぁ〜まぁ〜ゆっくりできたかもね。
 
 四十六度のところに入ってみたけど、そんなに熱くはなかった。でも、去年の夏に来たときよりは熱かったよ。去年は雨続きでぬるかったからなぁ〜。
 数を数えながら入ったけど、三分まで入れなかった。心臓がバクバク言ってちょっとやばそうだったので、無理は禁物とあがってしまった。
 あがってみると熱いと言うより逆に寒い。これは熱すぎて冷や汗が出たのかもヽ(~〜~ )ノ ハテ?
 身体を冷やしてから時計を見てみると、帰りのバスの時間までちょうど三十分前ぐらいだ。四十三度のぬるいところに長く浸かって体を温めてから出た。


 出てから番台の時計を見てみると、まだ、二十分もあるよ。水を飲んで廊下で休んでから帰ろうと思ったが、たばこがすいたいので外に出て外で吸ってからバス停に行った。
 いつもの事ながら、誰もいないっす。待合所があるので寒さからは逃れるからいいけど、ちょっと不安だな。しばらくしたらバスが来たので、ホッとした。


 バスの中でウトウトして黒磯駅まで着いた。待合所で自宅から持って来た弁当を食べ、電車に乗ってからこれまた持って来たカレーパンを食べた。味気ないけどお腹に貯まればいいんです。('-'*)フフ。
 後は、宇都宮と浦和と南浦和で乗り換えて、23時に自宅に着いた。
 
 スキーと違って全然疲れていないけど、ここのところの忙しさで身体が参っているので、その疲れが残っているんだよなぁ〜。
2009年3月29日(日)  No.849

おわった
 鉄筋重量表(エクセル)を改良したりして、時間が掛かってしまった。やらなくても別段困りはしないのだが、やっておいた方が後々楽になると思い、直しをした。
 夕方に送ったので、順調に終わった方だった。
 
 メチャ疲れたよ。|〃´△`)-3ハゥー。


 もうちょっと時間が掛かるかと思ったが、やりなれたと言うか柱が斜めでなかったから、楽だったんだよね。
 この後、日曜日をつぶせばもう一脚ぐらいできそうだったけど、スキーに行きたいのでそれは言わずに電話を切った。
 ただし、メチャ疲れているのでスキーにいけるかなぁ〜と言う感じなんだよねぇ〜。
2009年3月28日(土)  No.848

やっと次の仕事
 今日から補強配筋図だ。今回のは正方形の角柱で底版も同じように正方形なので楽チンだよ。
 柱は難なく終わったが、底版がちょっと大変だった。端部の鉄筋が既設底版端部から五十ミリのところに来ちゃうので、その辺の鉄筋配置を考えるのに、時間が掛かったかな。それとラップ位置もちょっと考えたっす。だって、普通指定されると思うんだけど今回のはかぶりも何も指定されていないんだもん。困っちゃうよ。
 前回やった図面を見ながらやっていたら、前の図が間違っているのを発見した。柱の引き出しと底版の加工図が間違っていた。それに伴って重量表も直さないといけない。これは明日にして、取りあえず加工図まで終わらせた。
2009年3月27日(金)  No.847

出せなかった
 基礎の当たり計算をすると、今書いている基礎幅で大丈夫だった。その後に配筋図やその他詳細図まで作ってしまったので、チェックを始めたのが夕方になってしまったよ。
 と言うわけで、明日の朝に送ることにした。
2009年3月26日(木)  No.846

終わらん
 なかなか終わらない。
「(-"-;)、いかん。ここの角っこのところが根入れが足りなくなるぞ。しょうがねぇ〜、重力式擁壁にするか」
 と進路変更。よくよく考えたら重力式と現場打ちフェンス基礎だけにすれば良かったよ。もう書いちゃっているのでこのまま出すことにする。
 
「明日の昼頃出せるだろう?」
2009年3月25日(水)  No.845

たまっていた
 二日酔いでなかなか起きられず、気分が悪いけど朝食を頂き、やっと自宅に帰ってきた。
 
 メールを見てみたら、仕事がたまっていたよ。
 自宅についても二日酔いが直らず、調子の悪いまま仕事を始めた。まずは鉄塔基礎の当たり図面から始めることにする。
 できれば、明後日の昼頃までに終わらせて、補強配筋図のほうの仕事をやるつもりだ。
2009年3月24日(火)  No.844

取手までまた行く
 この間から電話で何回も同じ事を説明しているのだが、全然解らないみたいだ。先週一回行ったときにも同じ事を説明したんだけどもなぁ〜。
 で、電話ではらちがあかないので、行って説明して来るっす。
 単純にペーパー空間の使い方が解らなくて、右往左往しているだけなのだろうが、それにしても飲み込みが悪すぎるっす。そんなに難しいのかな?だいたい、今までオートキャドで仕事をしていたはずなんだろうけど、配筋パックではどうやっていたんでしょうね?
 配筋パックでは縮尺を持たせることができたらしい。DynaCADと同じだ。家良みたいに手で書いていた人は、この方がピンとくるはずだ。
 例えば1/50の縮尺を選んで書けば1/50で絵ができあがり、詳細図を1/20の縮尺で書くという感じなので、モデル空間に用紙枠を書いてその中に、縮尺の違う物ができあがると言うことになる。
 だから、今まではレイヤ(ペーパー)空間を使わずに図面を書いていたらしい。それだと考え方がまるで反対になってしまうので、ちょっと厳しいですな。
 何回か、同じ作業をして貰って、身体で覚えて貰うしかない。私もどちらかというと頭で覚えると言うより、身体で覚えるという方なので、そのうちに使えるようになるでしょう。
 今日は、呑まずに帰ろうと思っていたが、結局呑んでしまった。それも、遅くまで……。
 
 (^○^)……(´ヘ`;)ハァ。
2009年3月23日(月)  No.843

予定変更
 スキーに行く予定だったが、それどころではなくなってしまった。
 補強配筋図がまだ終わらないんだよねぇ〜。ちょっと甘く見すぎていたっす。でも、残っているのは底版の加工図と重量表と配置だけなので、なんとか終わるだろう。
 て、夕方になって枚数を聞かれたっす。ちょうど重量表をやっているところだった。取りあえず"ヽ(^_^;))((^,^;)ノ"おいといて、先に配置をして枚数を出し連絡した。
 終わったのが二十二時頃だった。
 
 疲れた〜〜〜。
2009年3月22日(日)  No.842

やっぱり呑むんじゃなかった
 ウーン (Θ_Θ;)、朝の三時から仕事を始めたけど、終わりそうもない。
 明日のスキーは昨日呑むと決めたときに半分あきらめていたけど、それが全部になってしまったよ。
 頑張って、日曜日の朝五時半までやったが、あきらめて寝た。てっ言うより、身体が着いてこなかった。
2009年3月21日(土)  No.841

No. PASS
 OR AND
スペースで区切って複数指定可能
++HOME++  BUN's HP 先頭頁  この頁の先頭
 
[日記一覧]
shiromuku(fs1)DIARY version 4.00