BUN++過去日記++BUN

BUN's HP 先頭頁  この頁の後尾
BunBunの酔いどれ日記
2009年1月下旬の日記

2009年1月31日(土)
今度は違う風邪
2009年1月30日(金)
親睦会
2009年1月29日(木)
UNOちゃんと呑ん..
2009年1月25日(日)
モバギがない
2009年1月24日(土)
新年会
2009年1月22日(木)
つかれた
今度は違う風邪
 昨晩、帰ってきてから、明日は早く起きて数量計算書を終わらそうと思ったが、寝ている間に腹が痛くてどうしようもなくなってきた。
 昨日も飲みに行く途中で寒気がしていたので、風邪なんだろうと思い、トイレに行ってからまた寝ちゃったよ。
 数量計算書は、総括表の作成とそのチェックが残っているだけなので、直ぐに終わると思っていたが、擁壁の項目が二つ有り、それをどう表現するか/(-_-)ヽコマッタァ。
 本来ならば、総括表を横に広げられればそれで済むのだが、今回の総括表はA4と決まっているために、いっぱいいっぱいで入らない。しょうがなく集計表を作った。ほかにも、鉄筋も同じように集計表を作った。また、重力式擁壁の土工の考え方が間違っていたので、それもなおした。
 ついでに、バカエクセルの体裁が崩れてしまうという現象が、二回も起こりそれを修正するのに難儀したよ。
 そんなんで、目標午後の3時が6時になってしまった。
 
 (´ヘ`;)ハァ、疲れた。
2009年1月31日(土)  No.808

親睦会
 数量の中身のチェックを全て終わらせたが、急遽、元請けさんと呑むことになり、出掛けることになった。
 私としては、明日でもよかったが、元請けさんの方が明日の予定が読めない感じであり、今日なら大丈夫だと言われたので今日にした。
 親睦会はメチャ楽しかった。ついでに、ご馳走にまでなってしまった。ご馳走様でした。m(_ _)m
 仕事の話も折り混ざっているが、同じ土木屋さんなので、話としては楽しかった。やっぱり仕事の話は、同じ土木の設計者でないと、盛り上がらないもんね。
2009年1月30日(金)  No.807

UNOちゃんと呑んだ
 一年ぶりぐらいであったよ。元気そうだったけど、友達と同士でこじれているのをはじめに聞いた。
「なんかこじれちゃっているな?」
「うん、あれは俺の対応が良くなかったんだ。聞いたか?」
「聞いたよ。あれはまずいな。でも、めんどくさかったんだろ?」
「うん。そうなんだ」
「やっぱりな、でも、言い方が悪かったな」
 てな感じ。
 その後はスキーの話で、楽しかったなぁ〜。
 最後にお会計。私が1万円を出してお会計をした。
 お釣りを持って店員さんが来た。
 UNOちゃんが、お札を私に渡してきた。
「これで、そっちのを全部よこしてくれればいいよ」
 五千円札だと思っていたので、なんで全部なんだと思った。
「俺より、君の方が収入が多いんだから?」
「だから、全部払っただろ」
「え(゜○゜)!、そうなんだヽ(~〜~ )ノ ハテ?」
 財布の中身を見ると、1万円札だった。
 
 (^^ゞポリポリ。ご馳走さまm(._.)m ペコッ。
 
 帰りがけに、UNOちゃんに頼まれた。
「お前に頼みたいのは、みんなとの中を上手く調整してくれと言うこと」
「うん、解った。上手いことやるよ」
 酔っているので、なんとかなるかなと思ったけど、酔いが醒めたらメチャ気が重い。
 
 (´ヘ`;)ハァ。
 
 でも、なんとかなるさ。と思うようにする。ごちになったので、その分帰さないとね。
2009年1月29日(木)  No.806

モバギがない
 調子が良ければ、ノルン水上スキー場に滑りに行こうかと思っていたが、目が覚めたときは、既に七時を過ぎていたので飽きらめた。それに、凄く眠いのでトイレに行ってから、また寝たよ。
 やっと目が覚めた。お昼近かった。疲れていたので無理して行かなくて良かったという感じだ。
 起きてから、モバギのことが気になり探し回った。
 ディーバックのチャックが開いている。なかを見ると入っていない。他のところも探したがない。
「ヽ(~〜~ )ノ ハテ?何処に行ったんだ?なくしちゃったのかな?それとも昨日お店で出したので、忘れてきたのかな?SBさんに電話してみるか。それか夕方になってから、お店に電話してみるか」
 などと思いながら、またバックの中を覗いたがやっぱりない。
「チャックが開いているという事は、昨晩中から出してどこかにおいたのか?」
 電源ケーブルに繋いだのかと思い、仕事部屋に行き見てみたがやっぱりなかった。トイレにおいちゃったのかとトイレに行ってもない。あちこち探したがやっぱりない。(; ̄ー ̄A アセアセ・・・。
「あきらめた。あぁーあ、結構データが詰まっていたんだけどもなぁ〜」
 と、仕事部屋の椅子に座ったときに思い出した。
 寝る前に、スキーに行くかもしれないからスキーバックの中に入れておいたことを……。
 
 ヾ(`◇´)ノ彡☆コノ!バカチンガァ!!
2009年1月25日(日)  No.805

新年会
 今頃かよ。とつっこまれそうだけど、今日が新年会なんだよね。
 
 ('-'*)フフ。
 
 ちょっと楽しみだな。いま、高田馬場に向かっているところだ。しかし、新大久保の駒忠で呑むのに、なんでわしまで高田の馬場に行かなくちゃならないのかがよくわからんよ。
 みんなで馬場からバスに乗って行こうだってさ。
 
 ヽ(~〜~ )ノ ハテ?


 昨日は、昼間に私用を少しやってお風呂に入ったので、三時間ぐらいは仕事に就けなかった。起きたのも朝の十時頃だったしね。結局、図面を書き終わったのが夜の八時だったよ。それから数量に入ったけど、これがまた簡単なんだけど、難解というやつで土工数量を拾うのに偉いなやんじゃって、何回も絵を描き直したりして時間をメチャ食っちゃったよ。
 その割には、数量が小さくてがっかりした。
 
 \(__ ) ハンセィ。


 高田馬場に着いた。早く着きすぎたのでたばこを一服していた。
「いまどこ?」
 男の声が後ろから聞こえる。
 振り返り見てみると、携帯で話しながら待ち合わせをした友達を捜しているみたいだ。その場でくるくる回りながら、メチャ探している。
「えっ、何処だよ?見えないんだけど?」
 そうしたら、その場所から三メータも離れていないところで、声が聞こえた。
「ここだよ。ここ」
 私や他の人達には聞こえるのだろうが、携帯で話ながらなので生の声が聞こえないんだろう。
「え(゜○゜)!何処だよ?」
 またもやくるくる回っている。
 
 (⌒▽⌒)アハハ!
 
 まるでコントみたいだったので、思わず笑ってしまったよ。
 
 やっと、友達の存在に気づいた彼が、その友達の方に近づいていくと「面白すぎるんだけど」と友達につっこまれていた。


 待ち合わせの場所に着き、公衆電話があったので電話をかけたが留守録だった。取りあえず着いたことを録音してから本屋に向かい、ヨーロッパのトレッキングの本を探した。
 スイスの観光本にハイキングのことがかかれていたので、それを買おうかと値段を見たら千六百円と高く、挫折してしまったよ。
「WWWで検索して、情報を集めてからにしよう。さて、そろそろ時間だ。下に行って待っていよう」
 1階に着いてみると、外で二人が待っていた。中に入ってくる気配がないのと1人がそばで停まっているバスをちらちらと見ているので、このバスで行くんだなとちょっと駆け足で乗り込んだ。
 今のバスって、スイカで精算できるんだね。ウーン (Θ_Θ;)、知らなかった。
 駒忠に無事に着き、結構呑んでしまったです。鍋も旨かったよ。
 仕事の疲れが取れてなくて、なんか眠いしぐったりなんだけど、三人でワイワイ話して、楽しかったなぁ〜。
 そろそろ終電の時間なので、店を後にした。1人は反対側なのでホームにはいる前に別れた。確か池袋まで行き、トイレに行きたいので一人っきりになった。なんとかトイレを見つけ電車に乗った。
 気がついたら、京浜東北線に乗っていた。ちょうど駅で止まったところだ。
「=( ・_・;)⇒ アレ?、ここ何処だ?取りあえず降りなきゃ、なんかよく見えないな?あれっ、眼鏡がないぞ」
 きょろきょろしていたら、隣の若者が足下に落ちている眼鏡を指さして教えてくれた。
「有りがトン」
 とお礼を言って電車を飛び出たが、なんで京浜東北線に乗っていたのかが解らない。それに、武蔵野線の最終をとうに過ぎている時間だった。
 
 ヽ(~〜~ )ノ ハテ?
 
 何処の駅か見てみたら、まだ西川口だった?十一時半頃に電車に乗ったから十分武蔵野線の最終に間に合うはずだったのに……。
 駅のアナウンスで「今度の京浜東北線は最終の大宮行き」と言っているではないですか。取りあえず来た電車に乗り南浦和でおりて、後はタクシーで帰ってきたよ。
 
 フム〜〜。不思議だ。
 
 なんで京浜東北線に乗っていたのかがよくわからん。それも反対方向に向かって……。池袋で乗り換えたのだろうから、なんで埼京線に乗らなかったんだろう?それとも大宮に埼京線でついて、京浜東北線に乗り換えたのかな?または、池袋で勘違いして山手線に乗り田端かその辺で京浜東北線に乗り換えたのかな?
 なぞは深まるばかりだ。不・思・議……。
 あっ\(◎o◎)/、赤羽で乗り換えたということもあるか?
2009年1月24日(土)  No.804

つかれた
 仕事が……。思うようには進まないので疲れる。もっとパッパッヽ(゜∀゜)ノ パッ☆と進めないと、生活が苦しくなるのが目に見えているよ。
 今のところ、1日1万円ぐらいにしかなってないなぁ〜。何とかしないと……。
 
 (〃´o`)=3 フゥ。


 この間の十七日・十八日(土日)に岩原スキー場で滑ってきたよ。みんなが集まると思っていたけど、結局四人しか集まらなかった。
 ついでに、ついた日は雪だったので、友達三人は滑らないという。大体、私が9時半に着いたときに、皆寝てるってどう言うことよ。11時近くまで起きてこないし……。
 しょうがないので、一人で滑っちゃったよ。意外と雪もそんなに酷くはなく、午後の4時頃になると頂上も視界がだいぶよくなったみたいで、見えないけど何とか滑れた。
 頂上は、封印していたコブ斜面なんだけど、雪のおかげでコブが塞がれていたので、何だかよく解らずにずり落ちてきたという感じ。少しなだらかになったので、そこからはガツガツと滑っちゃったよ。
 膝の方は、急斜面でスピードをだすと、痛みがちょっとだけ走る程度だったので、ガンガン滑れた。ただ、息切れの方は体力不足のせいで、安比の時と同じに、なかなかおさまらなかった。


 二日目はピーカンだったので皆で滑ったが、友達一人が休憩を直ぐ取るので、今一滑り倒せなかった。その友達と離れてから、もう一人の友達が板を流してしまい、それを探しに回ったので滑りたかった上級者斜面を一本しか滑れなくて、ちょっとガッカリしてしまった。板を探す労力でメチャ疲れてしまったような状態だ。
 
 (´ヘ`;)ハァ。疲れた……。


【 安比でスキー3/3 】
 
 09/01/04(日)強風
 強風のために、ゴンドラは止まっている。てっ言うか、上の方のリフトも停まっているよ。
 
 ( ̄▽ ̄;)!!ガーン。
 
 ついでに、メチャ寒い。
 滑り始めたばかりなのに、直ぐ休憩。休憩するたんびに、おじさんに電話して上がっちゃおうかと思うぐらい、寒くてつまらないスキーだった。
 ティーバーリフトで、コブ斜面のオオタカコースに出られることが解ったが、膝が痛いので、反対側のカッコーコースを滑り降りた。スキー専用バーンなので、コブも何もないためガンガンスピードを出せるのだが、スピードをだせばだすほどメチャ寒い
 
 {{{{(+_+)}}}}寒ううぅ〜。
 
「こりゃ駄目だ。下まで行って暖まろう。」
 暖かい缶コーヒーを飲んでしばらく休んだ。少し元気が出たので、また、メチャ寒い思いをしてティーバーリフト乗り場に行ったが、終了してたよ。
 
 (ノ_・、)シクシク。
 
 緩斜面ばかりなので、冷えきったからだが全然暖まらずに、絶えることが出来ない状態だった。それでも、おじさんと約束した時間まで、頑張って滑ったのでよしとしよう。
 
 宿で着替えをして、昨日買った板もあわせてしまおうとしたが、袋に入りきらなかった。
 
 アワワヽ(´Д`;≡;´Д`)丿アワワ。
 
 おじさんに相談したら、ヒモで縛れば大丈夫だというのでしばってみたが、袋の先っぽから板が飛び出ているので、もって帰るのはあきらめた。新幹線が込んでいるだろうから、危険だと思ったのだ。それで、宅急便で送ることにした。
 板がはみ出ているのに、取り扱ってもらえるかが不安だったが、おじさんが大丈夫だろうというので、そのままおいてきたよ。
 
 帰りの新幹線は立ち席だったので、やまびこの自由席狙いに切り替えようと緑の窓口に行ったら、たまたま、キャンセルが出たみたいで「最終のハヤテの指定も有りますよ」と言われた。
 
 ラッキー\(^^\)(/^^)/チャチャチャ。
 
「たまには、良いこともあるもんだなぁ〜」
 と呟きながら指定席にしてもらい、みどりの窓口を後にした。
 最終のハヤテまで時間があるので、ショボクレ弁当を食べたり、日記を打ち込んだりして時間をつぶした。
 
 新幹線はと言うと、やっぱり混んでいたよ。3人掛けの窓側の席だったので、荷物の出し入れが大変だったけど、楽に大宮まで着いた。その後は在来線と自転車で帰ってきたダニ。


 今回は、凄く心肺機能が劣っていたのが解った。小回りターンでちょっと滑るとハアハアゼイゼイがなかなかおさまらずに、しばらく立ち止まって休まないと、息が苦しくてどうにもならなかった。
 ついでに、脚力も凄く落ちていた。三日目の日なんか筋肉痛が酷くって、階段の上り下りが辛いのなんのって、と言う感じだったよ。
 三日目に筋肉痛が襲ってきたということは、爺になったということなんだろうな。
 
 (´ヘ`;)ハァ。
2009年1月22日(木)  No.800

No. PASS
 OR AND
スペースで区切って複数指定可能
++HOME++  BUN's HP 先頭頁  この頁の先頭
 
[日記一覧]
shiromuku(fs1)DIARY version 4.00