BUN++過去日記++BUN

BUNs'HP先頭頁  この頁の後尾
BunBunの酔いどれ日記
[一覧] [最新]

2006年4月中旬の日記

やっと出来た
 ここのところ「小地獄のスキーツアー」を掲載するべく必死に作成していました。
 文章は、既に書き込んであるのですが、体裁を整えたりと結構大変なんだよねぇ〜。写真がないので意外と簡単にできるかなと思ったのですが、パンフレットをスキャンしたり、文章を書き直したり、と結構手間がかかりましたです。
 それでも何とかできましたので、暇な方は読んでください。
 しかし、結構根性いりますよ。なんせ、トウシロなので面白さなんて皆無ですもん。
 それに、1人で滑りに行っているので、楽しい会話なんて有るわけないしね。 _(^^;)ツ アハハ


 もしかしたら、明後日あたりからまた滑りに行くかもしれませんです。
 腰の調子もよくなってきたし「小地獄のスキーツアー」を作成している内に、電磁波を強く感じるようにもなってきたので、また、電磁波を抜きに行かねばなりませんです。
 行こうかなぁ〜と思っている場所は、奥只見スキー場です。
 浦佐からシャトルバスも出ているし、緑の学園で格安のスキーパックもだしているので、行ってみようかなぁ〜なんて思案中です。


電磁波情報
 昨晩は、酷い電磁波で全然眠れませんでしたよ。
 まぁ〜ここの所、パソコンを良く触っているので、原因がはっきりしているけどね。
 でも、旅行中もプルプル震えて熟睡できなかったことが有るので、なにもしなくても駄目なものは駄目なんだけどね。
2006年4月15日(土)  No.435

草津へスキー
 今年の二月にUNOちゃん達と滑りに行った「草津国際スキー場」の旅日記が完成しました。
 どうも、なにもしていないのに、膝の裏側が痛くなったり、腰が痛くなったりして、動けないのでこんな物を作成してましたダニよ。
 長文なので、読むのが辛いと思うけど暇な人は読んでケロ。
 自分では、読んでいると結構楽しいけどね。
 ('-')フフ


 何故に膝の裏が痛いかと言いますと、足の踏み場がないほどに散らかしているので、大股で歩くんですよ。その時に痛めたみたいなんだよねぇ〜。
 腰は、ぶつけた覚えがないのになんか打撲のような痛みがあるのです。「小地獄のスキーツアー」を作成しているときに、姿勢が悪かったからなのかもしれませんが、ちょっとよく解らないんです。
 そんなんで、またスキーに行くと前にかきましたが、ちょっと見合わせてしまったです。
 滑っている途中で動けなくなったら最悪なんでね。


 電磁波の方は、凄く感じています。
 なんなんだろうなぁ〜。と思ほどに感じるのです。今も、この日記を入力しているのですが、凄く手が震えて入力しづらいのなんのって感じです。
2006年4月17日(月)  No.436

腕時計のバンド
 小地獄のスキーツアー中に止め金がハズレて、腕につけられなくなっていた腕時計のバンドをこの間百円均一で買ってきたのでつけてみました。




Σ(_□_;)ii サカサガビーン!!





 逆につけちゃったみたいです。
「……。良いか、つけている内になれるだろう。」
 と、何回かつけたり取ったりしたのですが、十四回目で止めちゃいました。
「なんで止めたの?」
「なれそうになかったから……。」
≧(´▽`)≦アハハハ。

「しょうがない、付け直すか。」
 と、ピンを外そうとするのですが、皮で作られたバンドがきつきつなんですよ。それでなかなか外せなかったけど、根気よくやっていたら何とか外せましたダニ。
 それで、やっと通常通りに腕に取り付けられるようになったです。
「やっぱり、こっちの方が楽につけられるな。」
 ('-')フフ


 久々に井上靖の小説なんか読んでしまったです。
 ずいぶん前に、古本屋で買ってきた物なのですが、袋に入れたまま他本棚に載せておいたのを忘れていたのです。
 やっぱり、プロが書いた物は面白いですなぁ〜。読み始めたらスーと物語の中には入り込んでいってしまったですよ。
 題名「白い炎」
 内  容
「恋愛小説で、幼馴染みの恋人を友達に取られ、尾瀬で知り合った男と結婚するが、なかなか吹っ切れない女の話……。」
 昭和初期が背景なので、今とはずいぶん違うなぁ〜と思いながら読んでます。
2006年4月19日(水)  No.437

No. PASS
 OR AND
スペースで区切って複数指定可能
++HOME++  BUNs'HP先頭頁  この頁の先頭
 
[日記一覧]
shiromuku(fs1)DIARY version 2.10