BUN++過去日記++BUN

BUN's HP 先頭頁  この頁の後尾
BunBunの酔いどれ日記
2016年8月下旬の日記

2016年8月29日(月)
帰る
2016年8月28日(日)
中森ゲレンデ
横道
片貝池を目指す
とりあえずウツボ沼
下山
五郎岳
頂上がはっきりしな..
お花畑
ダメもとの山登り
2016年8月27日(土)
また蔵王
2016年8月25日(木)
元受に送信
2016年8月23日(火)
えーそりゃないよ
2016年8月22日(月)
帰らなくては
2016年8月21日(日)
山形蔵王
帰る
 荷物をあづかってもらおうかと思ったけど、センターだったかな?そこの割引券をもらったので、そこで温泉に入りゆっくりしてから山形に下ることにした。

 入るときに、露天風呂には屋根がかかっているか聞いたら、かかっていないらしい。内風呂があるか聞いたらあるとのことなので、雨の中ほかに移るのもめんどいのでここで温泉に浸かることにした。

 人がいなくてゆっくりできたっす。まぁ〜まぁ〜の湯でした。

 まだちょっと早いがまたこの間みたいに全線止まったりしたら困るので、山形駅に向かった。早くついても食事をとらなくてはならないから、なんてことないだろう。

 山形駅では、とんかつ定食を食べた。そこそこの味でした。本屋に行ったりお土産品を見たりして時間をつぶしたが、十六時の電車までは2時間近くもあるので、途中の米沢などによってみることにした。

 で、まずは観光案内所で米沢の情報をきいたらここは山形市の観光案内所なので、viewプラザで聞いてくれと言われた。それでも、米沢の地図と上杉謙信が祀られている上杉神社を教えてくれた。行ってみると時刻表がでんとおいてあったので、先に時間を調べた。一時間半ぐらいは米沢にいることができる。viewプラザで米沢でぱっと思い浮かぶ観光地を聞いてみると同じく上杉神社であった。つまらなそうだけど、時間が余っているのでとりあえず行ってみる。

 米沢でも同じように聞いてみると上杉神社だってさ。その横に博物館があるけど、これから行っても閉館間際なのであまり見れませんとのこと。他にはないか聞いてみると同じく閉館間際の話が出てこりゃダメだと思った。

 しょうがないので駅の待合室で椅子に座って観光のためのテレビを見ていた。これで十分だった。ようは、これといったものがないということなのでしょう。歴史が好きな人ならば楽しいのでしょうね。

 そこから在来線を乗り継いで自宅まで帰ってきた。台風の影響がなかったので、良かったよ。


※宿の話
「ぼくのうち」はちと私には合わない。
1.朝食がパンである。ついでにパンのお代わりがない。←これ最悪。
2.部屋でたばこが吸えない。廊下ですえってさ。←信じられん。八千円近く宿代を取るのだから消臭するなりするのが普通じゃないのかね。
3.値段が高い。←夕食にビール(中ビン)二本プラスしたら九千円超えた。いくら内風呂が温泉だといっても民宿で高すぎだと思う。
4.部屋に金庫がないし部屋のカギを持ち歩けとのこと。←どさん娘はあったよ。それに鍵もちゃんと預かってくれた。民宿で金庫があるのはどさん娘だけかもしれないな。
2016年8月29日(月)  No.1297

中森ゲレンデ
 この日記を書いているときに調べたら、中森ゲレンデだった。中央ロープウエイの下なので間違いはない。

 このゲレンデを下り、無事宿に着いた。

 宿(ぼくのうち)の内風呂(温泉)に入り夕食を食べて早めに寝た。
2016年8月28日(日)  No.1296

横道
 大平コースを下っているときに左手に横に入る登山道らしき道を発見した。ダメもとでとりあえず入ってみる。
 九十九折になっていてどんどん下っていく?
 ちと不安。もし、川などで渡れなかったりした場合は上り返さなくてはならないので、そうなると宿に着くのが夕食の六時を超えてしまうかもしれない。
 それでもどんどん下って行った。
 そうしたら、ゲレンデに出た。前に友達と滑りに来たときに、時間調整で滑った緩斜面だ。でも、上の方は結構急だったんだ。
2016年8月28日(日)  No.1295

片貝池を目指す
 片貝池を目指しているときに、パラダイスゲレンデの標識があった。
 片貝池のわきを通り中央ロープウエイ山頂駅の方向へは行かずパラダイスゲレンデを下ればいいのではと思った。
 5万分の1の地図ではわかりずらいのでスキーのときに使うゲレンデマップがあればわかりやすいなとも思ったが、ないものはしょうがないので薄い記憶で進むことにした。
 片貝池を超えると大平コースの標識が見えた。ついでに舗装道路になっている。「たしか大平コースを滑り降りても下に行けたよな?」と大平コースを下っていく。
2016年8月28日(日)  No.1294

とりあえずウツボ沼
 よくわからないけど、ウツボ沼を目指した。
 前から思っていたけど、蔵王の登山道って変に入り組んでいるのでわかりにくいんだよね。そういえばずいぶん前に舗装道路に出てしまい、道が解らないのでたまたま通りかかった地元の軽トラの人に聞いたら、同じよう様に「蔵王の道ってわかりずらいんだよな」と言ってたのを思い出した。

 ウツボ沼はただの沼だった。
2016年8月28日(日)  No.1293

下山
 昼食を頂上で食べているときに下山はどうするか迷った。

1.ざんげ坂を登って蔵王ロープウエイで下る。でも、上を見上げると厚い雲に覆われていたので却下した。

2.片貝池を回ってトリカブトから中央ロープウエイで下る。

3.ロープウエイを使わずに下る。

 2または3で下山することにしたのだが、まだ時間があるので歩きながら決めることにした。

 
2016年8月28日(日)  No.1292

五郎岳
 五郎岳の頂上では晴れてきたこともあり、虫もいっぱい飛んでいた。

 ひたすらとってみたけど、やっぱり飛んでいる虫は難しい。ピントが合わないよ。

 一枚目;飛び上がる直前。
 二枚目;ピントが甘い。
2016年8月28日(日)  No.1291

頂上がはっきりしない
 三郎岳の頂上にはなにも表示がないみたいだ。一応高度計で1400mを超えているのでここが頂上なんだろうなと勝手に思った。道がまだあったので進んでみるとどんどん下っていく。やっぱりあそこが頂上だな。引き返して今度は五郎岳に向かった。

 1枚目、お花畑の写真
 2枚目、三郎岳の頂上?
2016年8月28日(日)  No.1290

お花畑
 ガスってはいるが雨がひどいわけではないし首から腕の痛みもなんとか耐えられそうなのでついでに三郎岳と五郎岳の頂上に行ってみることにした。

 途中お花畑に出た。天気も晴れたり曇ったりだったので、そこで写真を撮った。

 上の二枚がお花畑の写真だ。
 ちと花が汚いが、二枚目の写真を見てもらうとアブがりんどうのつぼみに頭から突っ込んでお尻だけ出しているのが可愛いんだよ。
2016年8月28日(日)  No.1289

ダメもとの山登り
 またもや台風のおかげで雨模様。台風十号があっち行ったりこっち行ったりしてうろうろしているので、どうなることやらと思ったけど、小雨または曇りなので登ってみることにした。

 昨日結構降っているので、祓(はらい)川を渡るのは危険だろうと思い、上野台からのゲレンデを登って行きガスのかかったどっこぬまでも写真を撮ってみるつもりでいる。

 花の写真を撮りながらどっこぬままで二時間ぐらいかかった。まぁ〜調子が悪いわりにはそこそこで上ってきた感じ。

 ドッコ沼は案の定ガスっていた。上の写真がそう。

2016年8月28日(日)  No.1288

また蔵王
 十八切符が余っているので、蔵王にきてしまった。

 首から腕までの調子もよくなってきたので今度はダメもとで山に登ってみるつもり。天気が悪かったり痛みがひどいようならば途中で降りてくることを前提としている。

 今日は温泉でまったり。

 宿はこの間泊まったどさん娘だ。でも、明日は「ぼくのうち」に泊まる。なぜかって、それは、なんか用事があるらしく日曜と月曜は食堂もお休みとなっているとのことだからだ。
2016年8月27日(土)  No.1287

元受に送信
 チェック修正したものを元受に送信した。
 請求書も郵送した。
2016年8月25日(木)  No.1286

えーそりゃないよ
 元受からメールも何も来ていないので、電話してみたら忙しくて見ていないとのことだ。でも、まとめちゃったらしい。それで、こちらもまだチェックが途中なので、チェックが終わったら修正したものを送ることにした。

 午後からは歯医者。
 ちゃんとはも磨けているとのことなので、安心。歯周ポケットが深い所がいっぱいあるので消毒してもらい治療終了。

 その帰りに「あれ?こんなところに池があったけっけ?」ととりあえず写真を撮った。編集しているときに気が付いたが、大雨でグラウンドだったところに雨がたまっただけだった。

 その写真が上の一枚。こんだけ雨が降れば、電車も停まるわな。

 二枚目は途中で撮ったお花。いつも歯医者の帰りによるところなんだけど、ちゃんとしたお花屋さん。でも、一般の人より業者の人が大量に買いに来ている。
2016年8月23日(火)  No.1285

帰らなくては
 六時に外湯に行ってきた。河原の湯だ。ここは、下から源泉が湧き出ている。月曜の朝と言うこともあって、誰もいなくてのんびりできた。

 朝食を食べて、荷物をあづかってもらい。源七の湯に行ってみた。大浴場のちょっと下に位置する温泉で450円で入れる。

 宿にあるパンフレットを見たときに、シャンプー完備と書いてあったと思ったけど、そうではなかった。たぶん、シャワー完備を読み違えてしまったのだろう。
 頭を洗ってひげをそろうと思っていたけどあきらめた。でも、頭は温泉のお湯でじゃぶじゃぶ洗ってから、真水(お湯)のシャワーで流したので十分だ。ひげはまぁ〜いいよね。別段誰に会うということもないし仕事でもないので多少むさくるしくても影響はない。

 この温泉に入っているときに、おじさんとお話をした。久々に楽しかった。

 宿に戻りビールと定食を食べてから、バス停に向かう。でも、まだ時間があるので写真でもとりに行くことにした。共同浴場に行く途中に花が咲いているので、それを撮ってから帰る。

 作品的には良くないけど上の二枚がそれだ。

 山形で本屋で立ち読みしてから駅に行くと全線止まっていた。新幹線も。
 明日仕事なのでどうしても帰らなくてはならない。しょうがないので、仙台までバスで移動した。仙台に着くとすごい風と雨。こりゃダメだととりあえず一服してから、地下を通って仙台駅に着いた。在来線は仙石線のみしか走っていない。駅員があるってきたので聞いてみると、新幹線は走っていて、那須塩原まで新幹線の振替をやっているとのことなので新幹線の改札口まで行き、十八切符のことを聞いてみると十八切符は適用外と言うことだ。そりゃそうだな。
 どうしようか迷ったが、那須塩原から在来線が走っていることを願って、那須塩原までの乗車券と特急券を買った。けちけちしないで大宮まで買ってもよかったけど、十八切符が後四回残っているので、このままでは使いきれないと思い二千三百七十円お得になる那須塩原までとした。大宮まで10670−那須塩原まで5940−那須塩原から東川口まで十八切符2360=2370円

 途中車窓から外を見ていたけど、在来線が走れないような雨風ではなかった。那須塩原からは電車は遅れていたけど、普通に在来線で帰ってこれた。

 しかし、台風のせいで6千円も大枚はたいてしまったな。もったいない。

 
2016年8月22日(月)  No.1284

山形蔵王
 盛岡はやばそうなので、山形まで下ることにした。蔵王に行けば温泉にも入れるしね。

 十八切符を買って山形に向かう。
 電車の時間はホテルカリーナのロビーにあるパソコンで調べた。でも、プリンターがないので画面をひたすら書き写したっす。めんどいけどパソコンがなければ調べることすらできなかったので、携帯もスマフォも持っていない私にとってはありがたいっす。宿も同じく調べて昨日の網張温泉から公衆電話で予約した。

 仙台について一服しようといったん改札を出た。出てから、振り返り掲示板を見ると山形までの電車がある。仙台からはバスで山形まで行こうと思っていたが、電車で行けるなら安くなるので電車で行くことにした。空き時間は四十分あるので昼飯も食べられる。

 山形到着。蔵王行のバスは新幹線に合わせてあるので、空き時間が50分ぐらいある。その間飲み物を買ったり、本屋で立ち読みしたりして時間をつぶす。
 
 山形蔵王温泉到着。
 宿は蔵王の家どさん娘だ。ここは定食屋もやっていて蔵王の民宿では最安値かもしれない。ただし、部屋が石油くさい。以前はそんなかとなかっのだが、石油をこぼしてしまったのだろう。また、お風呂がなくてシャワーのみである。でも、頭だけ洗えれば、後は外湯につかるので問題はない。強酸性の温泉なので湯を含ませたタオルで体をコシコシすれば垢なんか簡単にとれるので石鹸はいらない。てか、共同浴場では石鹸は使えません。
 食事は塩加減もよくておいしい。量もしっかり出してくれる。
 私にとっては必要十分で良い宿です。

 さっそく外湯(上湯)に入りに行った。六時に夕食。食いすぎた。

 少し休んでから温泉に行こうと思ったけど、いつのまにか寝てしまっていた。
 二十一時だ。まだ、入りに行けば入れるけどかったるいので、夜中までオリンピックを見てしまった。

 

 
2016年8月21日(日)  No.1283

No. PASS
 OR AND
スペースで区切って複数指定可能
++HOME++  BUN's HP 先頭頁  この頁の先頭
 
[日記一覧]
shiromuku(fs1)DIARY version 4.00