BUN++過去日記++BUN

BUN's HP 先頭頁  この頁の後尾
BunBunの酔いどれ日記
2012年9月上旬の日記

2012年9月10日(月)
那須温泉に行ってき..
2012年9月9日(日)
旅日記・写真館更新
2012年9月8日(土)
旅日記
2012年9月7日(金)
両膝の痛み
2012年9月6日(木)
左足が痛くなった
2012年9月5日(水)
呑んじゃったよ
2012年9月4日(火)
両膝が……
2012年9月3日(月)
登ってしまった
2012年9月2日(日)
寝ずに出発
2012年9月1日(土)
起きられん
那須温泉に行ってきた
 最後の18切符であり最終日の今日、那須温泉に山登り&温泉と言うことで行ってきた。
 那須ロープウェイ乗り場でポカリを作るときに気が付いたのだが、カメラを2台も持ってきていた。それもZD70-300mmをつけて……。
 通りで水も積んでいないのに重いなと思っていたんだ。しかし、何を勘違いして2台も持ってきたんだろう。
 
 (・_・?)ハテ。
 
 でも、役に立ったよ。(・_・?)ハテ。いや、撮り方が悪かったけど役には立っている。
 ゆっくり登ったので凄い大汗を掻かなかった。それに、山形蔵王よりも涼しかったかも(・_・?)ハテ。
 
 黒磯駅(自宅により18切符使用)
 那須ロープウェイ山麓駅 約▽1280m
 峠の茶屋
 登山口
 峰の茶屋(昼食)約▽1720m
 朝日岳のコル
 朝日岳 ▽1896m
 朝日岳のコル
 熊見曽根 約▽1860m
 朝日岳のコル
 峰の茶屋 約▽1720m
 茶臼岳▽1915m
 那須ロープウェイ山頂駅(ロープウェイで降る)
 那須ロープウェイ山麓駅
 那須湯本(どこかで温泉に入る)
 黒磯駅(自宅に帰る18切符使用)

 予定通りに廻れた。まぁ〜ロープウェイ山麓から朝日岳標高差616m+峰の茶屋から茶臼岳195m=811mぐらいなので気張る必要が無いのでリラックスして登れたというわけ。
2012年9月10日(月)  No.1077

旅日記・写真館更新
 足の痛みは統べてなくなった。右手の中指はかれこれ1ヶ月ぐらい膨らんだままだ。まだ直らんよ。もう一生直らないかも(・_・?)ハテ。

 山形蔵王の旅日記を掲載した。暇な人は見てケロ。
 旅日記/山形蔵王温泉と山登り(2012/09/02〜04)

 ついでに、蔵王の山を登ったときに撮った高山植物と虫も掲載した。
 写真館/蔵王温泉高山植物と虫(2012/09/02〜04)
2012年9月9日(日)  No.1076

旅日記
 蔵王温泉の旅日記を作成中。明日にでも公開予定。
2012年9月8日(土)  No.1075

両膝の痛み
 両膝の痛みはだいぶ取れてきたが、今度は右膝の内側から裏側にかけていたくなって来た。左足親指から薬指付近の痛みもまだあるので歩くのが大変だ。
 
 歳だのうぅ。
2012年9月7日(金)  No.1074

左足が痛くなった
 左足の親指付近がメチャ痛くなった。
 こりゃ、しばらくはなにも出来んな。
2012年9月6日(木)  No.1073

呑んじゃったよ
 Sゾウさんにゴチになり、そのままぼん屋に鍵を返しに行ってまた呑んでしまった。帰りのタクシー代と会わせて2万円もなくなってしまった。
 
 (ノ_・、)シクシク。
2012年9月5日(水)  No.1072

両膝が……
 両膝がメチャ痛い。階段を降りるのが大変ダァ〜。お風呂に入って、膝を冷やしたらだいぶよくなった。
 朝食後にも温泉に入り膝を冷やしたらもっと良くなった。でも、もう10時なのでチェックアウトだ。
 調子がよければ黒磯から那須湯本により日帰り入浴してから自宅に帰ろうと思っていたけど、ちょっと無理みたい。
 
 しんどいので、帰る〜〜。
 
 壁|〃´△`)-3ハゥ〜。
2012年9月4日(火)  No.1071

登ってしまった
 何処もいずい(痛い・違和感ある)ところがなく調子がいいので朝食をいただいてから山登りに行った。予定は下記のとおり。
 
中央ロープウェイ山麓駅前 8:30
  ↓
ワサ小屋跡(分岐) 11:30
  ↓
熊野岳▽1841m 12:00
  ↓
▲刈田岳▽1788m 13:00
  ↓
熊野岳避難小屋 13:45
  ↓
ワサ小屋跡(分岐) 14:05
  ↓
地蔵山▽1736m 14:20
  ↓
蔵王ロープウェイ山頂駅 14:30
(調子が悪いときはここから降りる。又は登るのは無理でも歩けそうなときは山を外して中央ロープウェイ山頂駅(鳥兜駅)まで行く)
  ↓
▲三宝荒神社▽1703m 14:40
  ↓
▲片貝沼 15:15
  ↓
▲三郎岳・五郎岳▽1413m 15:55
  ↓
▲三五郎小屋 16:15
  ↓
▲中央ロープウェイ山頂駅(鳥兜駅) 16:25
  ↓
▲中央ロープウェイ山麓駅 17:00

▲;調子が悪かったり時間が掛りすぎた場合はパス。


 蔵王中央ロープウェイのところからゲレンデを少し登ると登山道が右手のほうに見える。ロープウェイがまだやって居なくてたまたま来た職員さんに聞いた。
 そこを上り詰めれば祓川(はらいがわ)にぶつかりそれを越えてパラダイスゲレンデに着き、蔵王ロープウェイの下をくぐってワサ小屋跡(分岐)、熊野岳頂上となる。熊野岳に着けば後は何とかなるだろうと出発した。
 水3.5L、カメラ本体+レンズ3本で1.8kgその他山道具と食料。シュラフは持ってこなかったけど、薄でのダウン上下、合羽、ツエルト、シュラカバー、シュラマットはあるので、動けなくなっても大丈夫。


 で、どうだった(・_・?)ハテ。
 帯状疱疹で体が弱っているのをメチャ実感した。大汗。筋力不足。写真の撮りすぎ。てな感じ。
 一番気持ちがへこんだのは、筋力不足だ。去年の秋まで結構登ったり降ったりしてつけた筋力が全然なくなっているよ。
 
 (´ヘ`;)ハァ。(ノ_・、)シクシク
 
 まぁ〜写真も監督(呑み友達(ひさごの常連さん))ご所望の高山植物の写真を見せてと言われていたので、花・虫を見るたびに撮っていたこともあって、なんと六百枚も撮ってしまっていた。予定よりどんどん遅れていく。
 
 \(゜o゜;)/ウヒャー。
 
 てな感じだ。
 でも、写真をあまり撮らなくても予定通りには行かなかっただろう。だって、大汗掻いてワサ小屋跡に着いたのが十三時なんだもん。この時点で1時間半もおくれているよ。これじゃぁ〜駄目だよね。
 結局▲のところは全てパスした。ついでに蔵王ロープウェイで降りようと思ったのだが、運休だったので下までゲレンデをひたすら降ってきたよ。

 おかげで両膝がボロボロだぁ〜。
 
 壁|〃´△`)-3ハゥー。
2012年9月3日(月)  No.1070

寝ずに出発
 てか、昨日夕方前に眠くなり寝てしまったので二十二時頃に目が覚めたんだ。そんなんで、そのまま起きて価格ドットコムのカメラの記事を読んでいた。
 二時間前、あわてて用意をして余裕を持って出発。
 電車だけで約七時間(乗換8駅)山形からバスで約一時間。
 メチャ長かったよ。盛岡から比べれば四時間ほど短いけどやっぱり辛い。米沢駅では危なく引き返してしまうとこだった。グースカ寝ていて着いたのに気が付かなかったんだ。フッと目が覚めて車内を眺めると人が結構乗っていたので、そのまま寝ようとしたが外を覗いてみると米沢って書いて会ったので、あわてて降りたよ。(^。^;)ホッ!
 山形についてマズしたのが、しっこ。いやいや、そりは関係ないか。蔵王の山の地図を買いに行った。が正解。しっこもしたけどね。('-')フフ。うちにあると思っていたけどなかったんだ。


 蔵王温泉についタァー。直ぐに案内所に行きかわいいお姉さんに宿の手配を頼んだ。何時も行っている‘どさん娘’に電話してもらったがでないらしい。次は‘大平山荘’に電話してくれたが今日は良いけど明日は駄目だそうだ。
 なんでも、お祭りとお葬式が重なっているので何処の宿も大変らしい。と言うのは、お葬式で男手が夜いなくなると心配だったり、食事の用意が出来なくなったりで大変なのだ。
 そんなんでどの様なところがいいかと聞かれたので「温泉付でなくても良いから六千円ぐらい。高くても七千五百円以下」をお願いした。
 で、今日の晩御飯無しで良いならと言うことで二泊できることになった。
 行ってみると奇麗な女将さん?若女将?が出迎えてくれた。ありがたいことに温泉付だったよ。
 ちょっと一服して、早速温泉。
 フ〜良い湯だったっす。こりは良い宿見つけたな。と言う感じ。
 夕食までまだ早いので、明日の予定を立てる。もちろん山登り。調子がよければの話だけどもね。
 夕食を食べに紹介された炉端に行った。安くないけど上手かった。ジンギスカン定食(小鉢3つ付)と生ビールと升酒で閉めて3千円ぐらい。
 腹テンテンです。あまり食いすぎて直ぐに寝てしまったよ。夜にもう1回お風呂に入ろうと思っていたのになぁ〜。


 民宿 ぼくのうち TEL0236-94-9542(ファミマの斜め向かい)
 一泊2食付 6700円(消費税・入浴税、別)計7185円
2012年9月2日(日)  No.1069

起きられん
 結構早く帰ってきて、早めにねたのに疲れからか起きることが出来なかった。 今日は早く起きて蔵王温泉に行くつもりでいたのに。
 
 (ノ_・、)シクシク。
 
 まぁ〜いいや、予定を立てるかね。


09/02(日)
 鈍行で山形〜バス〜蔵王温泉。宿は、案内所で取ってもらう。


09/03(月)
 調子がよければ山登り。良くなければ温泉三昧。


09/04(火)
 調子がよければ那須湯本に寄り、悪ければ真っ直ぐ自宅まで帰る。
 那須湯本では電車の都合が悪ければ泊まって、翌日新幹線で会社に行く。帰りの電車があるならば自宅に帰る。これはちと身体的に厳しい。


09/05(水)
 歯医者によってから、会社に行き片づけをする。
2012年9月1日(土)  No.1068

No. PASS
 OR AND
スペースで区切って複数指定可能
++HOME++  BUN's HP 先頭頁  この頁の先頭
 
[日記一覧]
shiromuku(fs1)DIARY version 4.00