初めての海外旅行(中国 自転車 旅行)

《 44.後 書 き 》



旅日記先頭頁      目  次      前  頁


 いやーこの旅は、初っぱなから自転車を中国国内で、使用できなくなるという事になり、旅の目的を失い散々な旅になってしまった。

 自転車を入れるためにもっと計画を練ってやらなければならなかったのだが、解決策が見つからず、行ってしまえばなんとかなるかと、曖昧な考えで行ってしまったのがよくなかった。
 輪行(自転車をバラして袋に詰めた状態)で入国審査を受けていたら、入れたとか言う情報を知っていながら、それをやらなかったりと、ちょっと、トライすることを怠けたのは悔やんでます。

 それと、ふだん運動をしていなかったことも有り、体力不足ともともと病弱(咽と腸が弱い)な身体が、中国の気候と食べ物に身体が着いていかず、風邪と下痢を引きずって歩くことになり、辛い旅でありました。
 中国という大地は、広いのでちょっとの移動でも、一昼夜火車(列車)に乗りっぱなしとか言うことが当たり前であり、移動するたんびに体力を消耗していき、丈夫な人でないと厳しいということを思い知らされましたです。

 言葉は、自転車で走り始めてしまえば、食料を買うことぐらいなので、なんとかなるだろうと、思っていたのと、そこら中に日本人がいるだろうから、助けてもらえるなら貰おう。と言う甘い考えで旅立ちました。
 でも、出来れば片言でも話せた方がいいですな!!当たり前か!
 特に英語を話せれば、主要な場所(公的な場所(公安、CITS、ホテル))では使えるし、バックパッカーで歩っている外人に、情報を聞いたり出来るので、話せた方がいいですな!!

 今回は、たまたま助けてくれる日本人と出会えたので、良かったです。特に、初っぱなに酷い風邪で寝込んでしまったので、医者とかに行ったときに、言葉が出来ないと駄目ですな。だからといって、一人きりになったらどうにも出来ないかと言うと、そうでもないです。
 言葉が出来る人がいると、おんぶでだっこで任せてしまうので、口を出すことが少なくなるけど、頼る人がいなければ、自分で解決しなければならないので、必死になります。

 でも、この後に何回か、海外に旅行に出るのですが、まるで話せないままに旅行してますダニよ!!(^^;ゞ。結局、日本人だけではなくて、日本語の出来る外人とかまで、探すようになってしまった。(^◇^;)
 一番困るのは、移動のチケットを購入するときと、トラブったときが一番困るかな!後はなんとかなる。ただし、それなりに回り道をしてしまうので、時間がある人しか、言葉無で旅行することは出来ないと思います。

 総体的に見て、今回の旅は、自分でも情けない旅だったっす。
 なんか乗物での移動での旅は、しっくり来ないので、達成感とかが丸でありません。取り敢えずそこそこの所を廻り、逃げ帰ってきたような感じです。
 和さんに話したところ、
「いるんだよなぁ〜、自分の体を酷使しないと、充実感を味得ない奴。」
 と言われたけど、
〈正しくそうだな!〉
 と思いました。

 まぁ〜この後の旅も同じような情けない、旅だけど何カ所か貧乏旅行しているので、それを書いていきますから、良かったら読んでください。
 ただし、電磁波過敏症になってしまったので、入力作業を長時間出来ないため、しばらく更新できないと思いますが、出来ましたらトップページ右上と日記の方に更新情報を掲載しますので、宜しくお願いします。




旅日記先頭頁      目  次      前  頁

この頁の先頭