初めての海外旅行(中国 自転車 旅行)

《 26.暖かい場所へ行きたい。 》

 (068) 1987/10/23(金) 晴れ 西寧〜[火車]〜蘭州
 (069) 1987/10/24(土) 晴れ 蘭州
 (070) 1987/10/25(日) 晴れ 蘭州〜[火車]〜

読み(意味)
 西寧=シーニン  蘭州=ランチョウ  火車=(列車)



旅日記先頭頁      目  次      前  頁      次  頁


 眠い目をこすって起きる。感冒はまだ直らない。と言うより酷くなっているみたいだ。煙草に火をつけて吸うが、まるで味がしない。具合が悪いが、高い金を出して買った切符なので、いかなにぁ〜ならんです。
 服を着て、7時、マイカウを起こしてバイと挨拶をして宿を出る。他に、蘭州まで行く外人が、4・5人いたが無視して行くことにする。

 火車は意外とすいていたので助かったが、非常に寒く、寝たかったが眠れなかったので、本を読んでごまかす。12時、蘭州に着き、1路の公共汽車(市バス)に乗り、蘭州飯店に向かう。
 昼を食べ、少し休んでいると、あっと言う間に夕食である。晩飯は豪華に、魚と海老と竹の子を頼んで食しました。高かったけど美味かったっす。たま〜にだけど、美味しいものも食べていたりして・・・へへ。


 酒匂君に、もう昼ですよと起こされる。調子が悪いので、前に食事に行ってもらい、のそのそと服を着てから、やっと自分も食事をしにでかけた。
 成都(チョントゥー)行の切符は一緒に買いに行った。硬臥を頼んだのだが、無くて硬座になってしまった。ダ〜(T^T)クゥー
 蘭州火車站からの帰りに、新華書店により、その後に外文書店を探したが、見つからなかった。
 宿で、ボーとしていると、お決まりの夕食の時間になってしまいました。
('-')エヘ


 相変わらず調子が悪いが、13時半の火車に乗らねばならないので、9時に起きて11時40分には宿を出て、近くの食堂に水餃子を食べに行く。
 水餃子がなかなか来なくて焦ってしまった。しかし、焦ったどころでどうしようもない。来ない物はどうやっても来ないのである。
 水餃子を食べ、薬を買って共通汽車で火車站へ行く。火車站の近くで、煙草とみかんを買って待合室に行くと、もう乗り込んでいるではないですか、2人でバタバタと乗り込んで、やっと落ち着きました。
 でも、所詮硬座なので、ゆったりとかホッとするとかそう言う感じではなくて、椅子に座って一息つき、その後、また気合いを入れ直すということですなぁ〜!

 昨日から熱があるが、気合いと根性で、なんとかのりきれると、自分に言い聞かせて、辛い火車の旅の始まりです。
 ハァ〜マジしんどい。




旅日記先頭頁      目  次      前  頁      次  頁

この頁の先頭