初めての海外旅行(中国 自転車 旅行)

《 8.復活!そして万里の長城 》

 (015) 1987/08/31(月) 晴れ 北京(ペキン)復活!
 (016) 1987/09/01(火) 晴れ 北京(ペキン)万里の長城


旅日記先頭頁      目  次      前  頁      次  頁


 やっと、復活してきました。
 久々に朝食を取りにレストラン(食堂)に行き、これまで出来なかった用事を済ませることにした。今まで、動くことがままならなかったので、潤と学に部屋まで、食事を持ってきてもらっていたのです。

 それと、今から2日か前だったかなぁ〜?
 潤と学が帰ってきた。
「万里の長城行きの観光バスのチケット買ってきましたよ!!」
「有り難う。」
「それと食べ物も買ってきたから、食べましょう。」
「うん!悪いね!!」
「タンと食べて、万里の長城を見に行く日まで、良くなってくださいね。」
「そうだね!」
「後3日あるから、大丈夫ですよね?!」
「うん!熱が引いて来ているから、大丈夫だと思う。」
 と言う感じで、風邪をひいて寝込んでいるときは、潤と学にほんと世話になりました。感謝してるよ!!有り難うございました。
 日本に帰ってきてから、連絡しなくてm(._.)m ゴメン。今更ながら、ちゃんと礼も言わなかったのが悔やまれますけど、今では、2人ともえらくなって幸せな家庭を築いていると思われます。

 まだ、身体は少しだるいが、金を換えに京倫飯店に行き、その後、友諠商店に行って、ボールペンとノートをやっと購入しました。ほしい(必要)と思ってから、12日目(中国入国後)で、やっと買えたです。(*^.^*)エヘッ!

 と、言うことは、今見ているこの日記帳がそうなのだろうが、この日(8/31)より前の四日間は、覚え書きなのだろうか?道理でやけに短いと思ったけど、具合が悪いときには、そんなに文字とかも書けるもんじゃないから、こんなもんかなと思っていたんだよね!!
 (+。+)アチャー。と言う感じです。



 一夜明けて、万里の長城の見学に、観光バスに乗って行ってきました。

 この観光バスなんだけど、日本で言う‘はとバス’みたいなもので、普通に、中国人も乗ってます。当たり前だけど、バスガイドの説明も中国語なので、何を言っているかまるっきり解りませんです。

[朝鮮人?]

 隣の人が中国人で、BUNの国籍を聞いてきた。
「あなた何人?」
 英語なので、何を言ったか解らないけど、たぶん国籍だろうと、予測して答えた。
「リーベンレン(日本人)」
 と言っても発音が、よくないため通じません。もしや、トンチンカンな答えを言ったかなと、紙を出して、書いてもらうと、
“朝鮮人?”
 と、書いたではないですか!!速攻で、
“日本人”
 と、書くと目を丸くして驚きながらも、納得したみたいでした。
 (^_^;)\('_') オイオイ...モンゴル人顔しているけど俺は、日本人だ〜〜〜!!ちょび髭が良くなかったのかなぁ〜(?.?)それとも、英語がまるっきり解らないのがいけなかったか・・・・?

 でさ、万里の長城は写真で見たのと、まるっきり同じだったよ!てっ、当たり前だっちゅうの!!
 宇宙から見える唯一の構造物なので、ちょっと嬉しかったので、体調が今一つだったけど、はしゃいでしまったですダニよ!
 坂道は、階段になっているのだけれども、その階段が結構キツイ階段で、前を歩っている女性のパンツが見えるぐらいキツイ階段です。別に見たくて見たわけではないです。おばちゃんだったので、ミニスカートではなく、膝下まで有るスカートだったのですが、あとどの位上りがあるのだろうと、顔を上げたら見えちゃっただけです。グゥー!上りでしんどいのに、目までしんどくなってしまうとは、・・・・。

[厠所(ツーソワ(便所))]

[万里の長城]

[よく、作ったよね!]

[恐い!]

 その帰りに、何個かよってきたのだけど、歴史嫌いでまるで勉強していなかったので、つまらなかったです。自業自得か!!あんまり潤と学に聞いて説明してもらうのも悪いので、あきらめてしまったことも有ります。
 どんな所に寄ったかは、写真で判断してくだされ。と、人任せです。
 (*^.^*)ノ・・・デヘッ!!

[長陵でやんす]

[出口だよ]

[定陵?]

[これ何??]

 バスの中では観光案内が、中国語なのでまるで解らず、居眠りしていることが多かったです。まぁ〜起きていても、解らないし別段綺麗な景色があるものでもないので、寝ているのが一番かなぁ〜と勝手に解釈してますダニよ!
(*^.^*)エヘッ

[天安門広場]

 居眠りこいているうちに、天安門広場に着き、ホッとしましたです。
「なんか疲れた!」
「俺も!」
「どっかでちょっと休まない?」
「じゃぁ北京飯店で、お茶しよう。」

 北京飯店で休んだ後は、東風市場で帽子を買う。この帽子は、皆に「日射病になるよ!ましてやこれから西の方に行くならなおさら有った方がいいよ!」と言われたので、助言に従って買いましたです。
 弁当は食べる場所がなくて、その買った場所の脇で食べました。確か、机とかなくて立って食べたような気がするのですがねぇ〜(?.?)それも、お店の外の脇で・・・?


 この日に、出発前にお世話になったMASAさんに電話をしてます。元々、「ツアーで中国行くよ!」と教えてもらっていたので、バックと薬を買って持ってきて欲しいと、電話したわけです。
「もしもし、BUNですけど」
「オー今どこ?」
「北京」
「そうか」
「あのさ、お願いがあるんですけど」
「どうした?」
「自転車だけ入れてもらえなくて、バックが無いので、買ってきてくれませんか?それと、風邪薬とうがい薬をできたらお願いしたいのですが?」
「いいよ!それで、バックはどんな奴?」
「背中にしょえる大型の奴をお願いします。」
「薬は?」
「風邪薬は、プレゴール、うがい薬は、イソジンゴールド、抗生物質は名前がKX250でメーカー名が英語で書いて有って、読めないのでちょっとスペルを言うね。いい?」
「いいよ!」
「エス、アイ、オー、エヌ、オー、ジー、アイ」
「・・・・これって、シオノギだろ!!ローマ字だよ!」
「エッ!・・・」
「シオノギという会社があるんだよ!」
「日本の会社なの?」
「そうだよ!」
 2人で笑ってしまいました。ハハハ
「MASAさん、いつ頃、西安につくんでしたっけ?」
「んとね、9月6日に西安につくよ!」
「じゃぁ〜!BUNもその日に着くようにして、そちらのホテルに行きます。」
「うん、適当に見繕って持っていくよ!」
「宜しくお願いします。」
“ガチャ”
 と、まぁ〜こんな感じです。


 夜は、3人で葡萄酒を飲みリラックスして寝ました。(-_-)Zzz




旅日記先頭頁      目  次      前  頁      次  頁

この頁の先頭