初めての海外旅行(中国 自転車 旅行)

《 2.上海(シャンハイ)が見えてきた 》

(001) 1987/08/17(月) 晴れ   東京駅〜神戸
(002) 1987/08/18(火) 晴れ   鑑真号(ガンジンゴウ)に入船
(003) 1987/08/19(水) 晴れ   船舶泊
(004) 1987/08/20(木) 晴のち雨 上海(シャンハイ)到着寸前



旅日記先頭頁      目  次      前  頁      次  頁


 東京駅まで、MASAさんに送ってもらい、新幹線の入り口では、MASAさんと松久保さんご家族も見送りに来てくれました。

 松久保さんから、餞別をいただいたのですが、新幹線の中で中身を見てビックリしました。なんせ、3万円も入っていたので、エッ!!ドキ!と言う感じです。
 人から餞別とかもらうつもりが無かったので、ふざけて餞別は3万円から受け付けてますと言ってはいたのですが、まさか本当にいただけるとは思ってもいませんでした。
 こう言うことは、
「貰う気がないので、冗談で言っているだけですよ!!」
 と、ホローの言葉を付け足さないといけないなぁ〜と、今更ながら思ってます。ちょっと反省(ちょっとかい!!)。
〈有り難うございます。このお金は旅行では使わずに、全部松久保さんのお土産として使おう〉
 などと心の中で、その時はそう思ってましたが・・・。

 MASAさんには、旅行前に色々お世話になり、ついでに新神戸までの新幹線の切符をいただきました。
 いつ帰国できるか解らなかったので、アパートを引き払っていこうと考えたのですが、まずは、どこに荷物を預けるかと言う問題をMASAさんが解決してくれました。ついでに、そこまでの荷物の運搬、出発までの泊まる場所と仕事を提供していただき、本当に有り難うございました。だが、お世話になるのはこれだけではなかったのです。この旅の途中でまたお世話になるとは・・・・。


 新幹線での移動は、快適でした。それまで新幹線に乗ったことが1回ぐらいしかなかったので、ちょっと緊張してしまったダニよ!へへ('-')エヘ
 新神戸駅まえで自転車を組み立てていたら、若いお兄ちゃんが声をかけてきたっス。
「これから、六甲山上りですか?」
「いえ、これから中国に行くんです。」
「・・・・・どうやって?」
「ポートターミナルから船で行くんです。」
「ハァ〜!それはまた、・・・気をつけて!」
「あっハイ!」
 自転車を組み立てているときに、話しかけられたので、気が散ってなかなか進まなかったけど、なんとか組み立ててポートターミナルを目指して出発です。

 考えてみたら、やっぱりこちらの人(関西の人)は、なつっこいです。このお兄ちゃんと話しているときに、おじさんも加わってきたのですが、BUNが話したことをお兄ちゃんがおじさんに説明してました。フフフ!東京で自転車を組み立てていても、誰も話しかけてくれたりしませんです。('-')エヘ


 ポートターミナルに着いたのですが、誰もいません。BUNみたいに、ここで野宿する奴が何人かはいると思っていたのですが、誰もいませんです。(/_;)シクシク。
 コンビニみたいなところで、夕飯のパンを買って置いたので、1人寂しくパンを食べて、ベンチで寝袋に入って寝ました。
「なんだよ!!誰もいないのかぁ〜!普通いるだろうよ!そう言えば、博多駅に行ったときも、誰も野宿してなかったなぁ〜!」
 翌朝、又もや1人寂しく菓子パンを食べて、待っていましたが、誰も来ません・・・やっと10時ごろになって1人、2人と集まってきました。

 自転車を車・バイクと一緒(日本のフェリーは大体そうです)と思って、そこまで乗っていくと違うあっち行けと言われ、行ってみると自転車をあみで包み、クレーンでつり上げて載せはじめたのです。初めはおじさんが、自転車を担ごうとしたのですが、重すぎて無理だったみたいです。ちょっと、この辺の記憶が適当で、良く覚えていないのです。違っていたらm(._.)m ゴメン。
 やっと鑑真号(ガンジンゴウ)に入船できました。これから楽しいけど不安一杯の2泊3日の船旅です。

 船の中では、同室の人と楽しく話をしたり、ゲームをしたりして遊び、大いにはしゃぎました。大部屋なので、何人かづつのグループが必然的にできるんですなぁ〜!!不・思・議(?.?)
 中国語の勉強をしていると言う増田君に中国語を教わっていたのだが、ふざけてばかりいるBUNはあいそを尽かされました。
「こんなんできました。イー、アル、サン、スー、ウー、タツ、ミー(一、二、三、四、卯、竜、巳)」
 周りの人達も笑ってます。
「バカ言っているよ!!マスダさんこんな事言ってますよ!」
「御前らには、もう教えないよ!」
「ゴメン、ちゃんとやるから教えて!m(._.)m ペコッ」
 本当は、イー、アル、サン、スー、ウー、リュー、チー、パー、ジゥ、シー(一、二、三、四、五、六、七、八、九、十)が正解です。書くのは簡単だけど、発音が難しいです。

 夜は、皆で星を見たりこれからどこ行くのか、どうするのかとか話して、盛り上がりました。
 大浴場も入りましたです。なみが静かでしたので、普通のお風呂なんですけど、ちょっとユーラユーラと揺れて、なかなか気持ちよかったです。
 食事なんですけど、船の中ではすでに、中華三昧(現地の味と言う意味)です。お値段もけっこうしまして、お味の方はマズイです。BUNは腸があまり丈夫ではないので、この食事をした次の日から、下痢ピーでした。BUNだけではなく、この食事については、かなり不評みたいで、食事の時間になると、皆テンションが下がり、「俺、いいわ。」と、食事を抜く人もいるぐらいでした。


 長江から流れ出る水が混ざって、海の色が赤茶色になっているので、上海間近なはずなんですが、なかなかつきませんです。やっぱり狭い日本と違って、広大ですなぁ〜!




旅日記先頭頁      目  次      前  頁      次  頁

この頁の先頭